2017年8月5日(土)、6日(日) 開催

f:id:ryoko_shimbun:20170627132250j:plain

市民皆が参加し、楽しめるイベントとして続いてきた高崎まつり。前身は明治時代以前にも遡る。当時、山車の数は6台。巡業に勤しんでいたという。現在は大花火大会も好評。今年は観覧エリアが拡大される。(写真画像はイメージ)

大花火大会や山車、阿波踊りも実施予定

 大花火大会や山車のほかにも、神輿や阿波踊りも行われる予定となっている。市では現在、準備の真っ只中。

 大花火大会の打上数は15000発。高崎の夜を鮮やかに彩る。高崎まつりでも有数の人気スポットである「観覧エリア」は今年、拡大される見通し。高崎の花火師による技を、より間近で楽しめそうだ。なお、「観覧エリア」については以下公式ホームページから確認できる。

 今年は写真コンテストも行なわれる予定で、さまざまな楽しみ方で、来訪者を迎える。

 現在確認できたスケジュールは、8月5日(土)の「大開会式:午後1時30分、高崎駅前通り」と、8月6日(日)「巨大だるまみこし」。

両日通して、「神輿」や「阿波踊り」「和太鼓」「木遣」「ちんどん」「創作だるまおこし」「こども広場」「盆踊り」「技能祭」が行われる。

公式ホームページ

www.takasaki-matsuri.jp

JR上野駅に、高崎だるまが出現中

【6月27日(火)】は午後5時までPRイベント

f:id:ryoko_shimbun:20170627133738j:plain

展示中の巨大だるま。近くで見ると圧巻だ。JR上野駅で展示中。8月5日(土)、6(日)の高崎まつりと合わせて、ぜひ訪れてほしい。

f:id:ryoko_shimbun:20170627133745j:plain

JR上野駅出てすぐ、後ろのエスカレーターと比べると、驚愕の大きさだと分かる。

公式FacebBook

https://www.facebook.com/takasaki.matsuri/