女子会の事を最近なんと呼んでおりますか...?

わたくし、30代半ばなんですけどね、30代過ぎた辺りから

女子会の事をそのまま女子会と言って良いのか?ちょっと気にしています。

それは私が自意識過剰でビビりなところが大きく、

私が「女子会行ってきます〜」と言って、側から見た人が

「ウマ子さん30過ぎて女子会言うとる」と言われたりしないかな〜と。

 

ちなみに候補として「婦人会」ってのが

古風で素敵だなっと思うんですけどね。

色々と問題無いのは「お茶会」「ランチ会」かと。

 

この話を同世代の友人にするとキラキラ、リア充系の子は

「ええーっ?自分で老けさせてどうすんの、別にいいじゃん女子会で〜」

「もっと女子会とかより可愛い呼び方考える!?」

と答え、

ちょっとおっとり系の子は(能町みね子さんでいうドリカム層?もてない系?

私はこの間にも色々なグラデーション女子がいると思うんだ...)

「あー、私も気になってた...!何て呼んでる...?」

となるんです。

(私の狭い人間関係範囲内での話ですが...)

 

で、今回ご紹介のマンガはリア充寄りな女子会マンガのご紹介。

 

朝食マンガのさわやかほっこりに浸りたい

前々回ご紹介した「おしゃべりは朝食のあとで」を読んでから

朝食マンガ良いね!と、ドラマ化もされたこちらの作品を読みました。

いつかティファニーで朝食を 1巻

いつかティファニーで朝食を 1巻

  • 作者: マキヒロチ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/05/31
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

毎回の朝食が、というわけではないのですが

朝食女子会のお話です。

登場人物は30歳になったばかりの子達ですが

キラキラした感じは「女子会」そのもの。

 

主人公たちが美味しそうに、元気よく朝食を食べるシーンが印象的。

朝食シーンをトリガーに登場人物の気持ちやストーリーが

展開されていき、食マンガとして面白い見せ方です。

 一気に8巻まで読破しました。続きも細々と読みたいです。

 「おしゃべりは朝食のあとで」でも思ったのですが

こちらのマンガも「朝食」を題材なこともあり

全体的に考え込まず、「あー朝食食べて頑張ろうー!」となる

ふわっとしたとしたイラストが心地いいです。

 

妙齢で、彼氏と別れたばかりのバリキャリの子だったり

不倫してた子だったりと様々な立場の女性4人の話なので

深読みすると色々と突っ込みどころがあるにはあるのですが、

(思いの外アマゾンレビューが厳しかった..)

自分とタイプの違う女の子たちが悩んだり、答えを見つけたりする様子は

私の体験できなかったキラキラを追体験できた気分に...

オウゥッ...なんだか...まぶしいよぉ。

 

 

 

読んでくださってありがとうございます!

パイルダーオンしていただくととても嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

ありがとうございまーす!