AndroidアプリとiOSアプリを開発する際に、異なる解像度を対応するために、制約を使うことが多い。その際に、よく利用される機能として、AndroidのContraintLayoutとiOSのAutoLayoutという機能である。

iOS:
iOSにおいて、ptという解像度単位を利用している。そして、異なる解像度に対して、AutoLayoutを利用している。
qiita.com
dev.classmethod.jp


Android:
Androidにおいて、dpの解像度単位を利用している。2016年が導入されたConstraintLayout機能を利用することで、ほぼiOSのAutoLayoutと同じようなアプローチで異なる解像度を対応できるようになった。
blog.techium.jp