昨日は震災で延期になっていた会社の歓迎会でした。
私たち女子は少人数だったので同じテーブルで集まり、あまり話す機会がない支所の人とも話せたので、こういう場があるのはとても嬉しかったです。
そして女子側でないほうの隣は私と同じ名字の男性。この方とは仕事の話以外はほぼおしゃべりしたことないな。こういうときは、もし彼が他の人と楽しく話しをしていたら自分から会話に割り込んだりしませんが、その人が他の人とあんまり会話してなかったら話しかけることにしてます。だって今日は楽しかったな〜と思って帰ってほしいから。
そして、話していて話題にあがったのは彼いわく「結婚は妥協だ!」とのこと。妥協ってなんか悪いイメージですが、よく聞くとそうではなくて、結婚は恋愛とは違い、ただカッコイイ!とか、たくさんお金を持っている!だけではなく、2人の間に何か問題が起こったときに、その事に対してお互いを認めたり許せたりしあえる相手じゃないとダメなんだ、とのこと。
なるほど、そういう意味かぁ、私は旦那とほとんどケンカしたことないな〜と思っていたら
「でも、浮気とか明らかに悪いことだったら論外だけど、だいたいケンカの原因は親や子供に関することで夫婦間のことではない」とのこと。そういえば、うちはおばあちゃんはいるけど親も子供も住んでないな。
「男は不器用だから一度にたくさんのことは出来ないし、カッコ悪いことはやりたがらない。だから仕事が忙しいのを理由に家のことや子供のことをまかせきりになってしまうけど、それは女のほうが強いから。」とも。
「女性のほうが柔軟性があって度胸がすわっているからすごい!」んだそうです。こういう言葉が自然に出てくるのは、普段から感謝の気持ちを本人に伝えているからなのかもしれません。家の外で自分の奥さんを褒めるってなかなか出来ることではないんじゃないかな。
でも、なんかこう書いていると、まるで奥様が肝っ玉かあさんみたいですが、ほんとは小さくてかわいい人(彼と並ぶと小さく見えるのかも)なんですけどね…。どうもごちそうさまです(笑)